スーパーサイヤ人の伝説の真相

100年に一度、スーパーサイヤ人が現れる。

とかいう設定がありましたが

ポンポンスーパーサイヤジンが出現し、終いに
ちびっ子の二人まで誰にも教わらないのになれてしまうように。

100年に一度、スーパーサイヤ人が現れる説は
とんでもない間違いである。。。なんていってしまえばそれまで

ドラゴンボールといえばその後付設定のおかげで
なんとでもなるんです。

これもどうにか説明して見よう。。

まず、スーパーサイヤ人になれる人

・カカロット
・悟飯
・悟天
・ベジータ
・トランクス
・ブロリー
・バーダック

この方達ですね。
まず、この中から混血を抜きます。

地球人とサイヤ人は相性がよく
混血児はスーパーサイヤ人にすぐになれる傾向があります。
よってあの伝説は当てはまらないのです。はい。
あくまで純潔の話です。

純潔は
・カカロット
・べジータ
・ブロリー
・バーダック

ですね。
まず、バーダック。バーダックに関しては
フリーザに圧倒された後、なぞの世界(過去)に飛ばされ、チルド(フリーザの先祖?)を
倒す際に変身した(ということにしたスタッフ)ようですが、
これはあくまで過去の世界での話しです。

時代が交差しちゃってるのでイレギュラー。
フリーザのいう「スーパーサイヤ人のうわさ」はここからきてるんですもの。

さて次にカカロット。

これは地球育ちのサイヤ人で他の二人とは境遇が違います。
さらに幼い頃に頭を強打したと言うイベントも発生。

地球人との混血が目覚めやすいうえ、頭を打つことで
立派なイレギュラーとえいえます!

さーて、、、ここまでは考え付くんですが

のこりの二人は厄介です。
二人の違いは

「エリート」と「下級戦士」ということ。

ブロリーに関しては詳しい過去が分からないため
怪しい臭いがぷんぷんしますね。。

なんとかこじつけられないかな・・・

うーん、、、

そういえばスーパーサイヤ人って

穏やかな心を持って怒るのが条件だよな

ブロリーにそんな気持ちありましたっけ??
あと良く考えたら、ブロリーのスーパーサイヤ人って
ちょっと特殊な髪の毛の色してますよね?金色ではない。覚醒すると金色だけど。

あれは、、、正確にスーパーサイヤ人とはいえないんじゃ・・・

というわけで

おめでとうございます!

100年に一人のスーパーサイヤ人は

ベジータ様だ!!

ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!について

ジャンプフェスタ08で上映されたオリジナルアニメですね

見た感想としては
やっぱり、ドラゴンボールはセル画の方がいいなぁ。。っていう。。

山室さん作画なんでハズしてるわけじゃないんですけど
生き生きした動きってのはデジタルだと表現難しい。線が単調で、、
逆に効果の部分に関しては良いですね

と大半批評から入りましたが実際はオリジナルストーリーみれて良かった。
相変わらず突っ込みどころ満載でしたが

強敵になったかもしれないけど来た時期が悪く、目立てなかった敵

みたいなオチだったのが、ほのぼのしてて良かったし
ブウとの闘い後っていう時期的にキャラクターに無理させなかったのが◎

あと、クリリン、ヤムチャの技シーンもなかなかいいとこついてきますねぇ

違和感としては、ゴテンと・トランクスが明らかに弱くなっていたところ。
相手がフリーザ程度とのことだったので秒殺のはず、、

セル程度ならまだわかりやすかったかもしれない。

.