ドラゴンボールのネーミングセンス

今日はドラゴンボールの、というか鳥山明のネーミングセンスに
フォーカスしたいと思う。

ネーミングセンスが高いのか?そういわれるとどーなの!ってなりますが
なんというかいたってシンプル。

孫悟空→西遊記そのまんま
ブルマ→あのブルマ

この時点でもう笑うしかない。
ではここで小ネタ。フリーザ編のネーミングって考えると結構よくできてますよねっていう。

まず、ベジータ。これは野菜のベジタブルからとっているのは間違いない。
フリーザ。これは冷蔵庫のことである。

ここでピンとくれば理解がはやい。
そう。ネーミングが支配の図を表しているのである。

以下にまとめてみる。

コルド:寒いの総称「cold」
↓(親)
クウラ:冷たい電化製品シリーズ
↓↑(同等)
フリーザ:冷たい電化製品シリーズ
↓(支配)
サイヤ人:ヤサイをもじったもの。冷蔵庫に入れて管理(支配)
↓(支配)
ベジータ:ベジタブル。野菜の総称。全ての野菜を束ねている王子。
↓(支配)
カカロット:キャロットをもじったもの。野菜の一つ。

というわけで、非常に分かりやすく整理されてネーミングされているのである。
やっぱり鳥山明は、、、すごい!

ドラゴンボールのゲーム

ドラゴンボールのゲームはもんのすごい発売されましたが
やはり一番盛り上がったのは、当時のスーパーファミコンのソフト
「超武道伝」でしょう。

シリーズは全三作で、正真正銘の格闘ゲームです。
ドラゴンボールなんで格ゲーが当たり前のように感じますが
その当時はあまりそういうゲームの種類自体がめずらしかったのかな?

私はゲームにうとく、ただ「ドラゴンボールネタだー」
っていうのでブームが過ぎてから全て中古でそろえたような感じです。

当時はというと友達の家にいってプレイした記憶があります。

超武道伝といえば隠しコマンドですね。
印象深いのはコマンド入力成功で
ブロリーが「カカロットぉ」とつぶやくアレです。

なんかそれだけで盛り上がっていたような。

その後格闘ゲームが進化し
私がはまったのは

GTキャラも登場するPSの「ファイナルバウト」ですね

これはGTで人気が落ち目の際に発売されたソフトなので
逆にマイナーみたいな。

これも隠しコマンドが存在しスパーサイヤジン4のゴクウが使えるようになります。
当時はこれがDBのゲームのラストだとおもっていたので
CGでスーパーサイヤジン4が見れたことに興奮した覚えがあります。

もはやPS2のスパーキングなんたらで
とんでもない数のキャラ登場を売りにしたものがでているので
今やっても同じ感動は味わえないだろうなって感じですね。

、、やっぱりDBのゲームはやってもすぐ飽きるなぁ

ドラゴンボールヒーローズについて

最近巷で流行っている?ドラゴンボールヒーローズをご存知だろうか。

カードダスが当時はやっていたがまさにそれの現代版。
カードを機械にセットすると画面上にそのキャラクターが現れ
CPや友達と戦うことができるわけだ。

基本最近でたドラゴンボールものはクオリティの問題があるので
興味がでなかったのだが

なんとあの山室さんがちょこちょこ書いているようで
わりかしクオリティが高いのである。

というわけで最初バカにしていたものの、、
見事にはまってしまいました。

一回百円で1枚カードを入手できそのまま一回遊べるってシステムなんですが

昔カードダスって5枚百円でしたよね。。
今の子供達は大変だなぁ(笑)

結構マイナーなキャラもカード化されてるのが
いいですね

パラガスとかキラになってるあたり逆に面白い

というわけで昔から好きな人もちょっと興味をもつように
うまく作られているなぁという感想でした。

今弾からGT編ですが。。ルードが倒せない。。